2016年09月19日

コルグの、マイクロアレンジャーについて


バナーのクリックにご協力下さい。


にほんブログ村 音楽ブログ オカリナへ
にほんブログ村



自分は、以前から コルグのマイクロアレンジャーを持っていたのですが、使い方が全くわからず、 トランペットとか、サックスのように、単音で弾くメロディー楽器としてしか使えていませんでした。
運指もデタラメで、 一本指の奏法に毛が生えたていどです。(^^;

最近のコラボの例では、kayotamaとのコラボで、間奏を12小節だけミュートトランペットの音色で弾かせて頂きました。
http://vocaroo.com/i/s0tKzRi13xjJ
結果、kayotamaが気にいらなかったので、結局、フルートの音色を使って、EWIで吹きました。


マイクロアレンジャーは、トータルな楽器としての演奏は諦めていたのですが、YouTubeの動画で、著者の大迫さんが、動画解説してるのを見つけました。
 マイクロアレンジャーについて書かれた教則本が、出版されているみたいでし。




手軽にできる!! ポータブル・キーボード活用術 〈CD付〉

新品価格
¥2,160から
(2016/9/19 21:36時点)




とりあえず、自分で購入して、練習してみて、進展がみられるようなら、また このブログでご紹介させて頂きたいと思います。




posted by kinopy5 at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ケーナ、 EWI
この記事へのコメント
私もホスぃ〜 マイクロアレンジャー。
この本は、初めて知りました。本くらいは買えそう、、、

たしか している方の動画を見ると、いろいろと活用出来るみたいですね。



記事UP 楽しみにしております。。。

Posted by chaplin3sei at 2016年09月22日 22:42
>chaplin3seiさん
マイクロアレンジャーに限らず、キーボードの自動伴  奏は、コードを押えるだけで、次にコードを押えるまでの間、リズムに合わせて ゴージャスな  伴奏を自動的に演奏してくれますが、まだまだ、そんなものではありません。
シングルフィンガーコードといって、コードが押さえられない人でも自動的に伴奏を入れる事が可能みたいです。
たとえば、Cのコードなら、左手でドの音を押さえるだけ、Amコードなら、ラの音と、ラの音より左にある黒鍵を押さえるだけで、自動的に伴奏してくれます。
新しい機種が発売されて、マイクロアレンジャーは、以前よりも安く購入できるようになってるみたいなので、 今がお買い得時期みたいです。
Posted by kinopy5 at 2016年09月23日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176939351
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック