2017年06月26日

遠くで汽笛を聴きながら(アリス カバー)

EWIusbで吹いてみました。
ここのところ、フリーのサックスの音源にはまってるようです。

フリーの音源をEWIで使うためには、DAWソフトが必要です。
DAWソフトにも、フリーのソフトはあるのですが、 
サポートが充実しているということで、CUBASEpro8を使ってます。

とりあえず、聴いてみてください。


遠くで汽笛を聴きながら



楽譜はありませんが、♯も♭も付かない、ハ長調で、簡単なキーなので、適当に感に頼っての演奏です。


この演奏で使っているEWIusbは、単体では音を出す事ができず、音を出すためには、パソコンが必要になります。

ですが、EWIusbは、他のEWIの機種と比べると、価格がとてもリーズナブル、しかも、外部音源の気に入ったものを、使える といったメリットがあります。

また、他のEWI機種に比べると、細身で軽いです。
練習が、長時間にわたると、楽器の重さで、肩がこってきたり、手首が痛くなってきたり、疲れてくるのですが、EWIusbは、軽いのでとても楽ちんです。

下の画像をクリックするとEWIusbの詳細がご覧になれます。






また、EWIusbで、伴奏に合わせて演奏したり、他の気に入った外部音源を使うには、DAWソフトが必要になります。
私は、CUBASE pro8 を使っていますが、
現在では、それの更に上位機種 CUBASE pro9が発売されています。


CUBASE pro9の詳細は下の画像をクリックしてご覧ください。





ブログ村のアクセスランキングに参加してます。
バナーのクリックにご協力よろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ オカリナへ
にほんブログ村







posted by kinopy5 at 22:14| Comment(0) | ケーナ、 EWI

2017年06月19日

オフコースの「さよなら」を吹いてみた。

オフコースの「さよなら」を EWIusbで吹いてみました。

音源は、フリーのサックス音源 (DVS Saxophone)を使ってます。
EWIusbの元々ついてる音源は、Ariaってソフトの音なのですが、サックスの音は個人的には、イマイチのように思えます。 
でも、Ariaは、トランスポーズの機能が付いているので、演奏は簡単なキーで吹く事ができるので楽ちんなのです。

DVS Saxophone のデメリットは、トランスポーズの機能が無い事です。
伴奏に合わせるために、自分では、めずらしく ♭が3つも付くキーで吹いてます。

練習不足の演奏ですが、もし宜しかったら聴いてみて下さい。




DVS Saxophone の音源は無料でダウンロードして使えるので興味ある方は使ってみて下さい。
下記のサイトからダウンロードできます。
http://www.dreamvortex.co.uk/instruments/



ブログ村のアクセスランキングに参加してます。
バナーのクリックにご協力よろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ オカリナへ
にほんブログ村




posted by kinopy5 at 20:16| Comment(0) | ケーナ、 EWI

2017年05月28日

花は咲く 吹いてみた

めちゃもてサックスは、で発売されている、花は咲くを購入して練習していたのですが、何とかふけるようになったみたいなので、YouTubeにアップしました。
まだ、未熟で滑らかさに欠けるのですが、勘弁してください。(^^;

サックス奏者の荻原氏のアレンジで、とても素晴らしいアレンジになってます。

原曲の楽譜は、Dニ長調で書いてありましたが、サックスは移調楽器なので、EWIで吹くために楽譜はF(ヘ長調)で書き直しました。

EWIusbに元々ついているAria(音源)を使えば、トランスポーズの機能があるので、楽譜を書きなおさなくても伴奏に合わせてふけますが、 今回はフリーの音源を使ったので、トランスポーズはできません。

音域も狭い音源なのですが、サックスらしい音色はAria以上だと思います。

もし、宜しかったら、聴いてみて下さい。



こちらからもお聴き頂けます




ブログ村のアクセスランキングに参加してます。
もし、よろしかったら バナーのクリックにご協力お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ オカリナへ
にほんブログ村


posted by kinopy5 at 20:30| Comment(0) | ケーナ、 EWI